「ほっ」と。キャンペーン

だいぷくぷん

抗がん剤・・・止めるかなあ

今日はナナの受診日だった

介護ベストをつけてから歩行がしやすくなったけど
運搬マットが楽チンだということを知ってるナナ

もしものときのためにとマットを抱える私の後を付いて回る
仕方ないな〜坂道のとこだけだよとマットを敷くと
スタスタゴロンと「はいどうぞ、行ってちょうだい」的な視線でこちらを見上げる

お母さんはおさるのかごやじゃないんだよ
でも、この可愛さとちゃっかりさについ負けてしまう ほいさっさ

病院では今日は診察だけ
血液検査もレントゲンもなし

最近の様子を説明し、これからの方針を相談した

一番副作用がない抗がん剤であれだけのダメージがあったので
今後の継続はどうしたらよいか

先生は延命を第一に考えるなら抗がん剤をしたほうがいいが
この前のダメージを考えるとあまり勧められないかなと。
極端な話、2回目だから前回と違って全く問題ないこともある
逆に2回目で命を落とすこともある、と。

これはやってみないとわからないが
前回のリスクもふまえてトライするかは飼い主次第
家族みんなで話しあって考えてくださいと言われた。

抗がん剤をやっても転移の可能性は高い
その命がほんの少し長らえるだけ
2年も3年も、ではない
ほんの少し・・・

私自身の本音は確かにどんな形でも一秒でも長く生きていてくれるなら
それがいい、生きていてほしい

じゃあ、私がナナだったら?
苦しい思いをするよりは、残された限りある時間を
楽しくなるべく苦しまずに生きていたい

先生の話では骨肉腫が発病して断脚しても
1年以上の生存率はかなり低い

まだどこにも転移の兆候はないけど
きっと時間の問題
今春に発病したナナ
残された時間はあとどれくらいか

先生は家族の悔いのないようにとおっしゃってくれたが
私の悔い、後悔などはどうでもいい
きっとどのような道を選んでも多かれ少なかれ悔やみ嘆くだろう

とりあえず、まずは股関節形成不全の治療を優先することになった
サプリメントと飲み薬が効いてくるのはもうちょっと先らしい
動くたびにゴリゴリギシギシ、痛いよね

あまり歩かせると他の健康な足にも負担がきて
関節が痛むらしいので、運動は本人が望むときだけ
歩きたいときは歩く、嫌がるときは歩かせない

今は一本で支えてる前足に負担がきてるようだ
体重が増えないようにしないとね

今日はたくさん歩いた
スピードも速くなって、調子のいいときはおすわりだってできるんだよね
まだまだ元気で頑張ってね ナナ



f0172336_2156997.jpg
f0172336_21562210.jpg



にほんブログ村 犬ブログへ
[PR]
by macky8018 | 2008-09-27 22:05 | ゴールデン
<< 穏やかな日に 雷こわーい! >>



笑う門にはいぬとねこ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28