だいぷくぷん

大脱走Part2

ナナがまた脱走した。
前回の脱走後、柵を強化して今度は万全!と思っていた矢先の出来事。

前回もそうだったが、ナナが脱走するのは家人が出かけた後。
後追いして鼻を鳴らしてクンクンと鳴いていたら要注意のようだ。

それは必死で力の限りを尽くして破ったのだろうという跡が残る無惨な扉。

置いて行かれると思ったのだろうか?また独りになると思ったのだろうか?

幸い脱走発見が早く、皆で手分けして探しまわると
近所のお家にお邪魔して庭先でネコのご飯を夢中で食べていた。
最初は呼んでも知らんぷりして食べ続けていたのに、
娘がリードを取りに走って戻ったのをものすごい勢いで追いかけて、
そのまま自宅へ一目散。

呆気にとられて取り残された私は気まずい雰囲気の中、
ネコのご飯宅の主に平謝りしながら帰った。

ナナ、心配ばかりかけられるけど、その元気な姿にほっとするよ。

f0172336_22361771.jpg

[PR]
by macky8018 | 2008-06-03 22:37 | ゴールデン
<< 可愛いおっさん もし神様がいるのなら >>



笑う門にはいぬとねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31