だいぷくぷん

みるくのいない夜に

なかなか忙しくてブログも更新できないのですが

コメントをいただいてもお返事ができないかもと

コメント欄を閉じておりました。

って、今更ですよね、スミマセン。

先に言うとけって感じですよね

感じ悪いわ~って思いますよね(超ネガティブやろ)

決して人間が嫌いになったわけでは(そこまで言うてない)



先日、みるくが生後半年を迎えました。

早いもので、誰からも、もれなく

『大きくなりましたね~』のお言葉をいただきます。

相変わらず、というか

「私のこと、みんな大好きでしょ?そうでしょ?うふふ♪ 病」は

症状がどんどん進行しています。

どこまでいくのやらです。

帰ってこいです。


今日は避妊手術のために一泊入院していますが

びっくりするほど家の中が静かで

他の子たちがのびのびと眠っています。

・・・平和

当の本犬は病院に到着しても

「あーんもうみんな私を見るでしゅね~!」と大興奮でしたが

あんなにしっぽ振ってバタバタしてたら

膝の上で、少なくとも小型犬じゃない犬が

全身で意味不明の喜びを表してたら

そりゃ見るやろ

失笑やろ


みるく、何があるのかもわからないまま

看護士さんに抱かれて

「キャッホゥーー!!」

と連れて行かれました。


・・・・・アーメン。

f0172336_23534480.jpg



『もう、迎えに行かなくていいんじゃないか?』 by 猫チーム
[PR]
by macky8018 | 2012-04-14 23:56 | みるく
<< 高齢犬猫の病気とケアセミナー 桜ひらひら >>



笑う門にはいぬとねこ