だいぷくぷん

精霊流し

暑い、暑すぎる

朝からお墓参りに出かけたものの

昇り行く太陽に焼かれ

逃げるように帰宅

ここのところ本格的に暑くなり

陽が落ちてからでないと散歩にも出られない

みんなだらけて

『暑いわ~暇だわ~暇だから何か食べたいわ~』
f0172336_1534677.jpg


たまにはちょっぴりおすまし大ちゃん
f0172336_1544258.jpg


ゲンさん、保護猫の子守りでお疲れちゃん
f0172336_1553617.jpg


マックは爆睡中。 時々、後足がカクっとなるけど根性で立て直す
f0172336_156462.jpg



みんな秋が待ち遠しいねぇ


今日は精霊流し

ここ長崎に生まれ、唯一これだけは何年経っても好きになれない

そもそも、私、かーーなりの小心者でして

大きな音とか、一瞬の隙をつかれる行動とかひじょーに『恐怖』

近年は精霊流しも規制が厳しくなって、昔ほどではないけれど

子供の頃の精霊流しといえば

精霊船の担ぎ手のおじさんたちの仕事はまず

昼から飲む、もちろんお酒、飲んで飲みまくる

で、夕方「さあ、出発するか」ってときには

立派な 「酔っ払いおじさん」 の完成形がそこいらで

でへ♪でへ♪でへ♪と出発を待つ

おじさんたちはもちろん倫理や道徳といったものは

アルコールで封印されてしまっているので

なんでもやれる なんでもできる人に変身している

爆竹ってビラビラビラ~っと綴ってあるでしょ?

あれは手で持って、線香花火のように。

そのときは「け~~~っけっけっけ」と嬉しそうに笑うことを忘れずに

でもそんなのしょぼいしょぼい、

爆竹は基本

『箱ごと』点火です ええ、爆発に近いよねもちろん

それからおじさんたちは怖がる人が好きなので

「きゃ~!」とでも言おうものなら

点火直後の威勢のいい爆竹が足元に飛んできまして(束で)

女子供、そんなのかんけーねー(古っ)

今は禁止された精霊船を道の真ん中で回す行為

姉が巻き込まれ吹っ飛んでいったのを幼心に覚えている

怖くて野蛮なこの行事

もう何年も近くで見ていない

亡くなった人を送るというけど

私はひそやかに送られたいなあ

爆竹なんかで送られたら祟っちゃうよ~

さて、精霊船が出てくる前に

今夏最後のお墓参りに

父を送ってこなきゃあね
[PR]
by macky8018 | 2009-08-15 15:51 | 独り言
<< マックのお誕生日 仲良く遊びましょうっ! >>



笑う門にはいぬとねこ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30